鬱状態を放っておくと大変【早く治療して精神を守れ】

笑顔の人達

専門医に早めに相談を

女医

鬱病という言葉が広まり多くの人が言葉だけでなく具体的な症状を知っていることでしょう。しかしとても複雑な病気なのです。気分が落ち込んだり疲れが取れない日が続くようであれば精神科や心療内科を受診しましょう。抵抗がある人はカウンセリングも効果的です。

Read More...

身体の症状はさまざま

三角座りしている男性

女性はうつ病にかかりやすいことが研究によりわかっています。男女問わずネガティブな感情が続くことでうつ病になってしまうと言われているので、そういった状態が続かないようにしましょう。また、うつ病の治療は医薬品などの力も大きく関係するので、医師に相談して処方してもらうのも重要です。

Read More...

家事と介護でへとへとに

頭を抱えている男性

高齢化社会により介護が必要な方も増えていますが、それにより介護する側の人間のうつ病も深刻な社会問題となっています。介護鬱にならないためには自分の休息も考えつつ、精神的に異変があればすぐに心療内科などへ受診しましょう。

Read More...

適切な治療を行う

女医

鬱病患者が増えてきていると言われています。ストレスを抱えることが原因となることが、ほとんどです。今後はさらに増えることが予測できます。忍耐力のない人や、他人とのコミュニケーションができない人が増えているからです。

Read More...

自分を変えるのは大変です

男性

現代病だといわれますが

鬱とは気分が塞ぎこみ落ち込み、何にも手に付かず何をやってもうまくいかないように思い込んでしまう精神状態を指します。また同様な言葉にメランコリーや気分を色で表すブルーになる。などという言い方もします。サラリーマンが日曜の夕方になるとまた明日から1週間仕事しなければならないと思い憂鬱になり、しっかりした睡眠をとれず翌朝に早く目が覚めやる気のないまま仕事にやむなく行く。などという状態をブルーマンデーになるなどという表現をする場合もあります。サラリーマンの約4割がそういった経験があるそうです。人は何故鬱になってしまうのか。誰でも失敗をした後で塞ぎ込む事はあります。また対人関係において相性の悪い人と仕事を組まざる得なくなった時も憂鬱です。また目の前にやらなくてはいけない仕事可能であればやりたくないような責任を伴った仕事を抱えているときなどは鬱になる人もいて原因は様々です。ここまで並べてみるといかにも現代社会にある様々なストレスから鬱になると思われがちです。しかし、先程申し上げたメランコリーという言葉の語源は古く紀元前5世紀頃、古代ギリシャの医師ヒポクラテスがはじめて使った言葉だと言われており古くからある感情のひとつなのです。

予防と対処法

ブルーマンデーなどは実際に仕事に行って午前中バリバリ仕事をしていれば自然と体が覚えているリズムを取り戻し鬱な気分などいつの間にか消えてしまう事もあります。ただ安直に考えて放っておくと、月曜日のある朝に突然体が動かなくなり仕事にいけなくなる人もいるようです。そうならない為にも普段からストレスを解消できる何かをそれぞれが考えて、ガス抜きをしておかないとうつ病にまで進展してしまう恐れもあるのです。一般的な予防策としては陽の下でよく運動をし、良い睡眠をとる事も重要です。それよりも一番自分がしたいことをする事の方が効果はあるかもしれません。人間は一人では生きていけないものです。誰かに救いを求めることも必要です。時にはカウンセラーなどを受けることも必要でしょう。そういった人とのコミニュケーションが大事なことなのです。カウンセラーは精神科や心療内科に在中していることがほとんどです。なので、何かしらの症状を感じたら、このような医療機関へ受診しましょう。医師やカウンセラーが丁寧に対応してくれます。